スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』
元劇団四季の看板俳優、石丸幹二さんの舞台を見てきました。


“サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ”

演出:宮本亜門
出演:石丸幹二、戸田恵子、諏訪マリー、山路和弘、春風ひとみ、
畠中洋、野仲イサオ、花山佳子、鈴木蘭々、冨平安希子、
岸雄祐二、石井一彰、南智子、岡田誠、中西勝之、堂ノ脇恭子

~1884年、変わりゆくパリの街に独自の創作活動を行なっていた、
新印象派主義の画家ジョルジュ・スーラ。
彼が生んだ傑作〈グランジャット島の日曜の午後〉に描き込まれている
人々の人生と、常に自分の芸術と向き合い続けたスーラ自身の存在に
インスパイアされたスティーブン・ソンドハイムの手によるミュージカル~



PARCO劇場というほどよい大きさで、ステージが見やすかったです。
(座席が端だったので、若干見えない部分もありました)

ソンドハイムの作品は多分初めてでしたが、
感情をそのまま歌にする曲が印象的でした。
1幕最初での戸田恵子さんの曲は、息継ぎもできないし、
言葉も多いし、かなり大変そう。

それをかわいらしく、楽しく歌い上げる戸田さんのパワーに惚れました。

石丸さんは、相変わらずいい声です♪
台詞も聞き取りやすく、青年ジョージの姿もとても若々しいっ!


ただ、ストーリーがなぁ・・・私にはなんのことやら・・・


ホームページはこちら
↓  ↓  ↓
サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ


『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』
0711sunday in the park with george
日曜日にジョージと公園で・・・
“公演で”???

おいおいっ・・・


スポンサーサイト
【2009/07/12 13:28 】 | 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<『ウェストサイド物語』 | ホーム | 焼肉レストラン 新月苑 (茨城県 水戸市)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。