スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
焼酎工場見学♪
奄美のお酒といえば、黒糖焼酎
黒糖焼酎って、奄美大島でしか製造できないお酒だったんですね。
知らなかった・・・

ということで、せっかくなので工場へ行ってきました。


1101奄美開運酒造
お邪魔したのは、奄美開運酒造さんです。
こちらでは、黒糖焼酎の製造工程が見学できます。

焼酎の製造工程は、

麹づくり

一次仕込み
(湯湾岳山麓の天然水を使用)

二次・三次仕込み
(黒糖をプラス)

蒸留

貯蔵
(味や成分を安定させた後、湯湾岳山麓の天然水で割り水)

ろ過

瓶詰め


こちらの“れんと”という商品は、貯蔵の段階で
音楽を聞かせて熟成させています。

テレビでは見たことありますが、実際にははじめて。
タンクに音響装置がついていて、タンクを触ると震えています。

音楽を聞かせることによって、何か意味はあるの?と思いましたが
これは水の分子とアルコールとのなじみを良くするためだそうで、
丸々3ヵ月間音響の振動を与えているそうです。


どれだけ熟成されているのかって?
では、どんな仕上がりなのか、早速試飲♪試飲♪

1101試飲
全部こちらの工場で製造されたものです。
左の2つは“れんと”、その隣は工場限定の“うかれけんむん”
そしてその隣は“紅さんご”、一番右は“FAU”です。
紅さんごが黄色いのは、樽で熟成をしているから。
お味はウィスキーに近いですね。

1101FAU
中でも一番アルコール度数の高いのが、
こちらの“黒糖焼酎 初留取り FAU”
蒸留の際、最初に出てくる原酒(初垂れ)です。
パッケージもオシャレ

1101FAU2
こちらの焼酎は、黒糖をつくるためのサトウキビも、
全て地元宇検村で生産されたもので、MADE IN 宇検村の貴重な焼酎。

度数が強いのでパンチはありますが、
焼酎というより洋酒に近い丸さ、ふっくらした広がりもあります。


でも、カヌーの後だと、効きますね・・・・

(ま、全部いただきましたが


   

   

   


奄美開運酒造
鹿児島県大島郡宇検村湯湾2924-2
TEL:0997-52-0167
見学可能時間:9:00~16:30
定休日:日曜・祭日
スポンサーサイト
【2008/11/10 09:00 】 | ├奄美 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<奄美海洋展示館 | ホーム | マングローブカヌー体験♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。